『嫌われる勇気』

この本も、話題になったのはだいぶ前ですよね。

『嫌われる勇気』岸見一郎さん、古賀文健さん著

“誰でも幸せになれる”と言う哲学者のもとに、論破してやる!と青年が乗り込みます。人生の捉え方について、幸せになる方法について、ふたりが熱く議論する様子が会話スタイルで書かれています。

青年が疑問に思うポイントが、「まさにそれ気になった!」「そうそうもっと深く解説してよ〜」と、青年にかなり加勢しているうちに、ぐいぐい読めてしまいました。

ここからはわたしが個人的に残しておきたいメモです。

………

・過去の経験に対して、どんなことがあったとしても、そこにどういう意味を与えるかによって自分の生き方が決まる。現在のあり方が決まる。

・自分には何が与えられているのか。その与えられたものをじょうずに使うこと。

・自分の課題と他人の課題に線引きをすること。
これ本当にそうだなあ。首をつっこみすぎないという感覚は持ってたけど、ちゃんと線を引く、か。

・人生とは、「いまこの瞬間をくるくるとダンスするように生きる、連続する刹那」。そして人生の意味は自分自身で与えるものだ。

………

自分のことだから、世界の見えかたも人生の捉え方も全部主観。主観だから、捉え方を変えれば、一気に見えかたが変わる。

そして人生の悩みはすべて人間関係と書かれていました。自分の意思をしっかり持って、他人の期待に沿うような生き方じゃなくて、自分がやりたいことやるべきことをやる。主張する。自分の課題と他人の課題に線を引くのも、ここにつながってきます。

だから、嫌われる勇気、なんでしょうね。

最後に。

“いまを強烈に生きる”
というフレーズがぐっときました。

そういえばわたしその傾向あります。全然意識してないんですけど、よくそんなにまっすぐ頑張れるね、って言われることもあります。一方、ここでそんな全力出す必要ないでしょ、もっと計画性を持ちなさいよ、と冷ややかに言われることもあります。

でもなんか、いまこれやりたいって思ったから、やる。やるし、やるからにはいつだって全力です(まあでもある程度の計画性はあったほういいので、そこは反省してます)。

くるくるとダンスするように。
ふと気付くと、”こんなところまで来ちゃった!”ということがあるようです。それ、わかる。

そんなかんじで今後も生きていこうと思いました。あしたもがんばろう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』

NO IMAGE

『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』

『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』

『武器としての書く技術』

『就職しない生き方 ネットで「好き」を仕事にする10人の方法』

NO IMAGE

『フルサトをつくる 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方』