こけちゃん流;旅行先の決め方

ひとりたびに行ってみるか!
そう決めたはいいものの、どこに行こう…?

今回は、こけちゃん流の旅行先の決め方について書いてみます。

………

★大前提!”何をしたいか”を洗いだす

「あったかいところに行きたい」
「おうどん食べあるきしたい」
「ひこうきに乗りたい」
「温泉はいりたい」
「海見たい」
「人のいないところでぽやっとしたい」

なんでもいいです。
自分がいま、めまぐるしい毎日から脱出したときに何をしたいのか??

ふっと頭にうかんだやりたいことを、次は場所におとしこんでいきましょう。

(ちなみに、実は日々これをやるだけでも脳内旅行ができて、うきうきします。そして普段からやっていると、急に旅行できる!ってなったときに即行き先を決められるようになります。)

ここからはパターンがわかれていきます。

①お金に余裕ないよ!予算重視派
→交通費+宿泊費でいくらくらい、という予算を決める→場所を決める

「今月結婚式呼ばれてるんだよなあ」「服買っちゃったなあ」とかで、あんまりお金がないとき、この策が有効です。

交通費+宿泊費だけで予算組みをするのは、旅先での食費やおみやげ代にも予算をつけてしまうと、かなりきゅうくつになってしまうからです。
せっかくの旅行ですから、そこまで細かく決めないほうが、わたしは楽しく過ごせると思っています。

行く前に決められる、交通費+宿泊費だけはコントロールしましょうという考え方です。

ということで、ひたすら検索しましょう。
格安航空券や夜行バスを調べ、交通費が安く済むパターンを見つけだすのです!

出発日までに時間がある場合は、旅行会社が出している「航空券(または乗車券)+宿のセットで格安プラン」なるものがありますのでおすすめです。

宿は指定されたところから選ぶことにはなりますが、実は、1泊だけは既定の宿にして、あとはフリー(宿泊予約なし)というスタイルを取れるものがあります。 1泊5日とか書かれているものはそのタイプです。
これだと残り3泊分は泊まりたいところを自由に選べるので、友人宅にころがりこんだり、ゲストハウスに泊まったりと、いかようにも旅費が圧縮できますね。

時間がない場合は、多少高くなりますが、個別で最安値を取りまくることで節約しましょう。
ちなみにわたしが先月沖縄に行った理由は、「海沿いドライブしまくりたい」願望はあったものの、おサイフに優しい(交通費を極力おさえたい)ところにしたく、そのとき一番安かったのが沖縄だったからでした。
ほんとに時間がなかったので、とりあえず南方面に絞って、安いところを探しました。

②めいっぱい詰め込みたいな!やりたいこと重視派
→めいっぱい詰め込めそうな場所を探す

お金を気にしなくて済むのなら、とにかくやりたいことをつっこみましょう。

どこだったらやれそうなのか??
あれもこれもできる場所はどこか??
いちばんしたいのは何か??

見極めていきましょう。
このときに、気をつけるべきこと。

・移動が多すぎないか

やりたいことを追っかけすぎると、こうなります。
移動にも楽しい目的がある場合(ななつ星に乗れるとか、サイクリングするとかね)はいいのですが、そうでなければ、移動はコンパクトに済ませたほうがゆっくり時間を使えます。

・時間の余裕はあるか

詰め込みすぎると、せっかくの行程が”こなすもの”にかわってしまいます。
ぱっと目についたものに飛び込めるのがひとりたびの醍醐味でもあるので、ぜひゆったりしたスケジュールにしましょう。

この2つは意識しておくと、ちょうどよくなると思います。
もちろん、めまぐるしいのを覚悟の上なら、予定入れまくるのは全然ありです!

③もう忙しすぎて計画なんて立てらんない!ええい、行ってしまえ!派

とりあえず往復の足を押さえましょう。
押さえないと、結局だらだらと行けないままになってしまいます。

行ってから計画してください。

本気で言ってるの?って思ったかもしれませんが。

わたし、やったことあります。

とりあえず奄美大島行きの飛行機をおさえて、とりあえず乗って、着いてから4日間の計画をなんとなく立てて、宿手配しました。
国内なら全然なんとかなります!

………

ということで、3パターンご紹介しました。

行き先は正直どこだっていいんです。
やりたいことがちゃんとおさえてあれば、どこに行っても大満足ですから!

リゾートはひとりたび向きじゃないかなあ、とかよく聞きますけど、ひとりリゾートもなかなかおもしろいですよ。

何も気にすることはないんです。

ぜひ、ひとりたび、行ってみましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

わたしのひとりたびの変遷

行くぞ女子一人旅!これさえあれば大丈夫。持ち物リスト

わたしがひとり旅をすすめる3つの理由

LCCの荷物持ち込みが超厳しくなっている件

行ってよかった、シンガポール(小ネタ10連発・後編)

シンガポール、行ってよかった(まじめ編)