プチプラグリーンでかなえる、緑のある暮らし

観葉植物を置くと、ぐんとおしゃれになるとわかっていても。
お手入れが大変かもなあ〜とか、いろんなことを考えてしまって、結局置けてない方って多いんじゃないかなあと思うんです。

でも。置くと、段違いに、暮らしの質上がります。爆上げです。
あんまり爆上げなので、一時期、
”おうちジャングル化計画”のもと、グリーンを集めていました。


こんなかんじです。至るところにグリーンちゃん!

小さいグリーンであれば、全然プチプラで買えちゃいます。
大きい子たちは3千円前後くらいから、でしょうか。それでもプチプラですよね。

おしゃれなインテリアショップにおいてあるべっぴんさんは、みんなお高いんですよね。もちろん、形は整っているし、器も文句なしにかわいい。値段相応です。
でもどうしても枯れちゃうかもしれないって思うから、そこまでグリーンにお金かけなくてもいっかなって思っちゃうから、買いにくい。

そこで!プチプラなグリーンちゃんたちの登場なわけでございます。

どこで出会えるの??

わたしが気に入っているのは、
natural kitchenという、100円ショップ。
ここには常時数種類の、小さいグリーンたちが揃っています。

シンプルな植木鉢も一緒に売っているので、
気に入ったグリーンちゃんと一緒に連れて帰れるところも良いですね。


この写真に写っている白い植木鉢がまさにそれ(右から2番目の少し大きいものだけはちがいます)。定番品のようで、何度か買えています。
この植木鉢に、グリーンちゃんが最初に入っている黒いポットごと、スコンと入れます。
植木鉢の底には穴が空いているので、必ず受け皿も一緒に買いましょう。
(穴が空いているものの方が、水はけが良く扱いやすいです。)

グリーン100円、植木鉢100円、受け皿100円。
なんとリーズナブルなんだ…!

そういえば最近ダイソーでも見かけました。右下奥の子はダイソー出身。
ちょっと濃いグリーンで背が高めの人です。
勝手ながらちゃんと育つか心配でしたが、ぐんぐん背丈を伸ばしています。


ちなみに左脇の大きい子は、IKEAで出会いました。2,500円くらい?
いまこの子は葉っぱが8枚くらいにまで増えました!

あとはもちろんお花屋さんやホームセンターとかで買ってもいいですね。
おしゃれなお花屋さんだと、やっぱりおしゃれな子がいたりします。

枯らしてしまうかもしれない…

わたしも、正直いくつか枯らしてしまいました。
ごめんね。せっかくうちに来てくれたのに、ごめんね。

枯らしてしまったのは、例えばこの子。

要は、お水がたっぷり必要なグリーンです。
水やりや、葉っぱに霧吹きをまめにしないと、すぐしおしおしてしまいます。

わたしはあんまりマメではなく、ほかのグリーンちゃんよりも水やりの頻度を多くしてあげられなかったのが、枯らしてしまった原因。お風呂場に置いたら湿気あるしいいかな〜なんて思いましたが、ダメでした。ごめん。

でも見た目華奢でかわいいので、いつかまた育ててみたいな。
(=華奢な子ほどお水が必要ということです!)

初心者におすすめの、たくましいグリーンちゃん

ということで、マメではないわたしでも枯らさずに育てられている、ど根性グリーンちゃんをご紹介します。


画像中央の、ポトスです!
葉っぱがきれいなきみどりで、いつもマヨネーズをつけて食べたくなります(食用ではありません)。
ちなみに奥に見えるオリーブ。あこがれの木ですが、かなりお水が必要です!

…どうしよう。ど根性をおすすめすると言ったものの、ポトスしか名前がわかりません笑

そうですね、冒頭のこの写真が実はすぐりし精鋭たちでしたので、もう一度。


ここにもポトスがいますね。

ちなみに真ん中のガーベラ下、ワイヤープランツ(これは名前わかった!)については、1年ちょっとは元気にいくのですが、その後必ず枯れてしまう…なにがいけないんだろう。勉強します。

他のグリーンたち、精鋭なのに名前知らずだ…
今度お花屋さんに聞いてみよう…そのうち追記します。

で、どのくらいど根性グリーンかというと、わたしがうっかり2週間くらい水やりを忘れるくらいに心の余裕をなくしたときでも大丈夫。彼らはピンシャンしていました。全然お水くれないのに、飼い主(?)には彩りと元気をくれる彼ら、なんて健気なんでしょう。

そこまで水が多くなくても生きていけるグリーンは、扱いやすいのでおすすめです。

むし…?

そう。虫。わたしも苦手なんですよね本当に。
虫がつくかもしれないっていう理由で、グリーンを置くのをためらっている人もいるかもしれませんが。

安心してください。
今まで、グリーンちゃんたちに虫が発生したことは一度もありません

なぜか。極力、室内のお店で買うようにしているからです。
そして。おうちに連れ帰った後は、一度も外に出していないからです。

お店では、そこまで神経質になる必要はありません。ぱっと見て、なにもいなければ大丈夫。いまのところ、わたしはお店から虫を連れ帰ったことはありません。

で、おうちでお手入れをするにあたって、お外に出さないとかわいそうと思うかもしれませんが、日光が必要な種類のグリーンであっても、窓ガラス越しに日が当たる環境においてあげれば全然平気です。

ここで一回やらかした話をします。

先ほども紹介したポトスちゃん、とってもいきいきしててかわいかったので、”ちょっとお外でおひさまあびておいで〜”と、ほんの30分、お外に置きました。
当時わたしの住まいは6階。大丈夫と思ってのことでした。

が。お部屋の中に連れ戻したら。
招かれざるお友達を1匹、ポトスちゃんは連れ帰ってきたのです。

見たことのない虫でした。
体長2センチくらいで、固そうで、ツヤ感あって、黒と黄緑のカラーリング。
”わたしの愛するポトスちゃんだけあって、お友達もおしゃれやなあ”
なんて一ミリたりとも同情はせず、ひ〜〜〜〜〜!って言いながらティッシュで捕獲しました。虫、苦手なんですけど、野放しにするのが一番嫌なので。即捕獲、解放。

二度とお外に出すもんかと、固く心に決めています。

水やりってどれくらい?

基本的には、土の表面が乾いたらあげます。
理想を言うと、それとは別に、葉っぱに霧吹きでお水を吹きかけてあげると、葉っぱがつやつやしてかわいいです。毎日やるとベストですが、やれてません。でも、チームど根性グリーンのみなさまはそれでもへっちゃらそうです。

で、できれば月に2回くらいは、植木鉢からあふれんばかりに水をあげて、土全体に水を行き渡らせるようにするといいです。

どうやってあげるかというと、完全に自己流ですが、
お風呂場に連れていって、シャワーを水圧弱目に調節して水を浴びせまくります。
このときのポイントは3つあります。
①植木鉢に穴が空いている子は受け皿から出す
②植木鉢に穴が空いていない子は植木鉢の中からポットごとグリーンを取り出す
この状態で、お風呂場に並べます。
③水が、植木鉢の下からたくさん出てくるまであげ続ける
こうすることで、土に水がまんべんなく行きわたります。

じょうろだけであげていると、どうしてもムラがあるようで、チームど根性でも葉っぱの端が枯れてくることがありまして。いろいろ工夫して、これが一番心置きなくお水をあげられるという結論に至りました。その後はお風呂掃除もすることになるので、一石二鳥(?)ですね!

意外とグリーンはおてがるです

わりと適当に生きているわたしでも、グリーンをちょいっと暮らしに取り入れることができています。はじめにも書いた通り、暮らしの質が格段に上がります。空気がきれいな気がします。なんだか、自分がうるおっているような気がします。

グリーンちゃんたちは、とってもすてきなおともだち。
今日の帰り道にでも、ぜひひとつ連れて帰ってみてくださいね!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

あしたはおやすみだ。つめをみがこう。

地方に移住したくなっちゃった件

毎日のお弁当を叶える!オリジナル冷凍食品

おせち、毎年つくってますよ!

やたら重いのは危険かも。ピルで生理痛がなくなりました

<現役デパートガール直伝>鋳物ホーロー鍋・主要メーカー比較と選び方