仕事のリズム

こんばんは。
今日はこれから合コン(!)なのですが、まさかまさかの1時間半遅刻というすさまじい事態です。
さあどうやってこの空気乗り切ろうか。絶対なじめないもんなあ。。

………

ホリエモンさんの『多動力』に、
仕事はリズムを刻むようにテンポよく済ませるといいと、仕事ができる人は仕事が渋滞していないと、そんなようなことが書かれていました。

リズムって大事だと、ちょうど思っていたところだったので、なおさらすとんと納得しました。

百貨店に限らず、小売で働くにあたっては、休憩は交代でとります。

この休憩がすごくくせもの。
うまくまわらなくて、まわせなくて、いらいらするんです。

接客で休憩に出遅れるのは全然いいんです。

問題は、接客以外の雑務で出遅れること。
しかもその雑務はだいたい今じゃなくていいんですよね。お昼戻ってきてからでも全然いけちゃうような内容。

結局お昼休憩が遅れると、休憩が全員分まわりきったあとのフルメンバーの時間が減ります。
さらに今度午後の休憩をまわすわけですが、お昼があんまりずれると、午後の休憩も遅れるわけです。そうすると、フルメンバーの時間がまた減る。そうこうしていると早番勤務のみなさんが帰ってしまう。

人が多くいる時間をうまくつくれれば、その分むしろしっかりと店頭/裏方で人員をおけ、それぞれの業務がはかどるというのに。”もうちょっとで終わるから”の15分の蓄積のために、結果、わたしの仕事が終わりませんよ!

そして、”もうちょっとで終わるから終わったら出るね”って言う人は毎回同じ人なんですよね、おもしろいことに。

時間の読み!!!読めてない!!
まったく。

と言っておいて、これに気づけたのって今年に入ってからなんです。

わたし、休憩=仕事終わってないのに休むなんてけしからん=すぐ出れません!っていう思考回路でした。
が、いかにこの考え方が自分勝手で仕事ができない人のやり方であるかということが、ようやくわかりました。

とにかく効率よくするにはどうしたらいいのか??

考えた結果が、休憩にちゃんと定刻で出るよう心がけること、出てもらえるようケアすることでした。
そうすると、自分も時間についてかなりシビアに意識を向けられるようになってきたわけです。

………

そして今日のこの1時間半の遅刻ですよ。どの口が言うっていうね。笑
こんな残業があるなんて、しかも接客じゃない計画残業があるなんて、聞いていませんでしたよ。。

時間って、人によって流れ方が違うんでしょうね。
人の時間を大切にできるように、気をつけなくては。

さ!そろそろ着きます。気持ちをきりかえて、楽しんできます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

伝統工芸が百貨店から飛び出すときが見えてきたかもね

売れる販売員の5つの共通点とは

『働く女子のキャリア格差』

『就職しない生き方 ネットで「好き」を仕事にする10人の方法』

寝具ひとつで毎日のパフォーマンスが上がる件

NO IMAGE

ものづくりへの不信感は、小売が行き詰まってるからこそ起こる