誰でもプロフェッショナルになれる時代

今日のこのお話しは、わたしの中でかなりの衝撃でした。
普通の素人でも、バイヤーやれちゃう。

イケハヤさんも自身のブログで商品の紹介をたくさんされていて、それを見たときも「ああこれ完全にセレクトショップだ。バイヤーやってるわ。」と思いましたが。

まさかものづくりをしている人たちがいたとは…!

ほんと、これ100%お客さまの声ですよ。

わたしたちも一応年に2回、お客さまの声を吸い上げたものづくりをおひろめするイベントをやっているんですが、それよりも圧倒的に声の密度が高いです。ほんとうに。

バイヤーや取引先の商業的意図を完全に抜きにした、「本当にほしいからつくったよ!」というものづくり。

なかなかできることではありません。

百貨店のバイヤーで一発当てようと思ったら、こういう方面にもアンテナを張っておく必要がありそうです。
新商品や話題のスポットを追いかけるだけではなくてね。

ごめんなさい、ここでいう別件の商談というのが、カメラ女子の話です(わたしにとっての本題は来年度のお仕事の話だったので)。これからは個人の時代ということをまざまざと目の当たりにしました。

そもそも、このカメラ女子のみなさんは別にプロのカメラマンではありません。
カメラが趣味の、一般女子です。

でも今の時代、個人でハイスペックな機材が持てます。
そして、個人で各種SNSを使って、手軽に発信ができ、つながれる。

ひとりひとりがメディアとなり、バイヤーとなり、さらには集団となって
どんどんインパクトを強めることだってできる。

おもしろい時代ですね!
大手広告代理店にいなくても、テレビマンでなくても、新聞記者でもバイヤーでもなくて。
個人でできることの範囲が、限りなく広がっています。

こんなときに20代でいれたことは、恵まれているのかもしれません。

乗っからなくては。
がんばって、ちからをたくわえます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お店のイメージ①ひとり旅カフェ

Misoca(ミソカ)で請求書をつくりました

地方に移住したくなっちゃった件

NO IMAGE

プレミアムブラック?ブラックプレミアム?フライデー!

『和える 伝統産業を子どもにつなぐ25歳女性起業家』

玲奈さんは仕事を辞める/わたしは仕事を辞められない