<現役デパートガール直伝>鋳物ホーロー鍋・主要メーカー比較と選び方

みなさんは、鋳物ホーロー鍋(いものホーローなべ)を使ったことはありますか?
「憧れるけど、高いし重いし…」と思って手を出せていない方が多いアイテムですが、

鋳物ホーロー鍋で料理をすると、それだけでおいしく仕上がるんです!!

今回はそんな鋳物鍋についての解説と、おすすめの選び方をご紹介していきます。

鋳物ホーロー鍋って、なに?

鉄を溶かして固め直すことで作られた鍋のことを、鋳物鍋と言います。

鉄がむき出しのタイプの鍋もありますが、人気度が高いのは、鋳物鍋にガラス質をコーティング(ホーロー加工)したタイプです。これが「鋳物ホーロー鍋」。
この加工がされることで、錆びの可能性を減らしたり、調理のしやすさがアップしたりするわけです。

鋳物ホーロー鍋全般に共通する特徴

①重い(鉄のかたまりなので)

②温まるのに時間がかかるが、一度温まると蓄熱性が高い
(基本的には中火より少し弱いくらいで加熱し、温まったらごく弱火でOKです)

③食材にムラなく熱が伝わり、おいしさが一層引き立つ

どうしても重さがネックになりがちですが、メリットの大きさに気付いたが最後、鋳物ホーロー鍋は手放せなくなりますよ。

主要メーカー3社を比較してみるよ

そんな鋳物ホーロー鍋ですが、たくさんのブランドが存在しています。
中でも代表格と言えるのが、こちらの3社。

ル・クルーゼ
ストウブ
バーミキュラ

(リンクは公式ホームページに飛べます)

さて、何がどう違うのでしょうか?

ル・クルーゼ
・フランス製

・フタのノブがゴムなので熱くならない

・鍋の内側がクリーム色のため、食材の色がわかりやすい

(一部商品を除く)

・カラーバリエーションが豊富

・無水調理NG

とにかくカラーリングがきれいです。ポップで鮮やかな色合いは、食卓をパッと華やかにしてくれます。丸みのあるデザインが特徴で、女性に人気です。

ル・クルーゼは、フタと本体の間にあえて隙間を作っています。
適度に蒸気を逃がすことで、素材の雑味を抜くという考え方です。そのため無水調理がNGとなるのです。後述するバーミキュラとはこの点で比較されることが多いですが、これは考え方の違いであって、どちらが良いというものではありません。

ただ、ル・クルーゼで作るカレーは、ジャガイモが本当においしくなります。
カレーを作って、あれだけジャガイモばっかり食べたくなったのは初めてでした。

一時期「野菜、あま!うま!ル・クルーゼ」とうたっていましたが、まさに野菜の甘さを上手に引き出してくれるお鍋だな、と感動しました。

ストウブ
・フランス製

・フタのノブは金属のため、鍋つかみが必須

・鍋の内側はざらっとした加工になっており、焼き色を付けられる

・マニッシュなカラーリング

・無水調理OK

最近のライフスタイル誌には、軒並みストウブが写り込んでいますね。媚びないデザインは男性受けするので、よくご夫婦のお客さまがデザインで意見を戦わせている光景を目にします(でも決定権は奥様)。

ストウブは全ての商品で鍋の内側のホーロー加工をあえてザラザラにしてあるため、素材に焼き色を付けることができます。焼いてから煮る調理が、鍋ひとつで済むのがうれしいですね。

フタの裏にはピコという突起がいくつか付いています。こうすることで、鍋の中の水蒸気から作られた、おいしさが詰まった水滴を鍋の中にまんべんなく落とすことができています。

炊いたご飯はみずみずしくて、お米が一粒一粒立っていて、とてもおいしいです。炊き込みご飯も素材の味を強く感じますよ。

バーミキュラ
・日本製

・フタにも取っ手が2箇所付いていて、両手で持ち上げられる

(鍋つかみは必須)

・鍋の内側がクリーム色のため、食材の色がわかりやすい

・パステルカラー

・無水調理OK

・アフターケアあり(有償)

最近CMで「バーミキュラ ライスポット」をよく見かけますね。これは、バーミキュラの鋳物鍋で炊くおいしいご飯を全自動で叶えるべく開発された、鋳物鍋が丸ごと入った炊飯器です(ライスポットについては今後改めて解説します)。

バーミキュラは日本の愛知にあるメーカーです。元々はドビー機という記事を織る機械を作っていましたが、その技術を活かして鍋を作ったところ大ヒット。「紙一枚通さない密閉度」が売りで、無水調理が得意な鍋です。

バーミキュラはル・クルーゼとストウブの良いとこ取りして開発された印象があります。鍋の内側はクリーム色で素材の色をわかりやすくしていますし、フタの裏のピコという突起も付けていますね。

そして何より、ほか2社にはない特徴がアフターケアです。
これは、何らかの負荷がかかってホーローが損傷してしまった場合に、ホーロー加工をやり直してくれるというものです。有償ではありますが、日本人の丁寧さがここでも光っています。

初めての1台は、どれにしよう?おすすめの決め方

ここまで違いを書いておいて、こう言うのも何ですが。

すごく迷ったら、最後はデザインで決めましょう!

冒頭にも書いた通り、鋳物鍋は重さがあるので、慣れるまでは使うだけでもハードルがあります。特に洗うときに重さを感じてしまいがちです。

せっかくの高い買い物。買ったならどんどん使って欲しいんです。

ということで、使っているときに気分を上がるかどうかが、忘れがちだけど結構重要なポイントです。その視点で考えてみたら、もう迷わないはず!

また、サイズは22cmをおすすめします。
4人家族以上であれば24cmもありですが、それ以下でしたら、たとえ一人暮らしであっても22cmが良いですね。
ギリギリ扱いやすい重さですし、容量も多すぎないからです。わたし自身一人暮らしをしていますが、22cmだと作り置きの煮物やカレーをたっぷり作れますし、ご飯をまとめて炊くこともストレスなくできるので重宝しています。

鋳物ホーロー鍋をさっさと味方につけてしまおう

わたしはデパートで働くようになってから鋳物ホーロー鍋の存在を知り、以来ずっと片思いをしていました。

でもその時の自分に言いたい。「片思いしてないで、さっさと買いなさい」と。

清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入したのですが、自分の料理スキルの低さを勝手に鍋がカバーしまくってくれるのです。同じように作ったスープなのに、どうしてこんなにおいしいのか??毎日驚きの連続でした。

迷っている方へ。早いところ、思い切って買っちゃえ!!!
おいしいご飯が待っていますよ。

**

<おまけ>
わたしが持っている鋳物鍋はこちらです。

・ストウブ ココットラウンド22cm(バジルグリーン)
・ルクルーゼ ココットジャポネーズ22cm(ホワイト)
・ストウブ ココットラウンド18cm(ナス)
・ストウブ ココットラウンド10cm(ブラック)

要は、すっかりストウブ族ですね。

ル・クルーゼも好きなんですが、お母さんにあげました。「ジャポネーズ」は浅型タイプなので、冬に卓上で鍋をするときに最高です。すき焼きとかもいいですね!

10cmの小さいストウブは、オムレツや茶碗蒸し、アヒージョを作ったりしています。冷蔵庫で冷やしておけば、デザートの器としても優秀ですよ!

バーミキュラは一度お試しで使わせていただきました。普段ストウブの具合に慣れているので、密閉性の高さが逆に難しかったですね。そろそろ買おうかな。。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

睡眠負債のおはなし

売れる販売員の5つの共通点とは

かご×サンドイッチに、無限の可能性を感じる件

ふるさと納税やってみた!ゆるっと徹底解説

NO IMAGE

誰でもプロフェッショナルになれる時代

クレジットカード獲得の極意