ブラックフライデーと福袋の文化

世の中、本日はプレミアムブラックフライデーですね。
ブラックプレミアムフライデー??なんかコーヒーみたいです。年間で一番売れる日らしいですよ、アメリカで。ハンパないですね。
【ブラックフライデーはなぜ今日なのか】
調べてみました!アメリカは11月第4木曜日が”感謝祭”で、次の日の金曜も休みを取ることが多いんですって。となると4連休ですね!うらやましいなあ。

で、初日の感謝祭にはプレゼントを贈る習慣があるようです。

そしてその売れ残りを一斉値下げするのが金曜だと。

その金曜で一気に黒字に引き上げるから、ブラックフライデーと名付けた。そういう流れでした。

なるほど。このタイミングでセールする意味がわかりました。理にかなってる。それは売れますよね。

【で、日本におとしこめる文化なのか??】

一方日本の百貨店で働く身として。

なんかこの時期ってこれから冬物最盛期だと思うのですが、ここでその主力を値下げしてしまったら、年明けとか何を売るんでしょうか??福袋もセールもむずかしいですよね??

と思って調べてみたら。やはり!アメリカにはあんまりそういう習慣がないようです。この感謝祭のブラックフライデーのタイミングでたくさん買っちゃうからお金ないと。新年は家族でゆっくり過ごすんですって。だから福袋がないと。

おお…いいなあ…

となると、ますますブラックフライデーはアメリカの文化レベルで根付いているものであって、手前味噌な小売の売り出し策ではないってことですね!

あー、すごく納得。納得です〜〜

じゃあやっぱり、ブラックフライデーは日本にどこまで根付くでしょう。
福袋の初売りは正月にやってほしい、ブラックフライデーもやってほしい、
これは現状では無理な話でしょう。

【とは言っても、安く買いたいよね】

みんな今まで年末年始にセールがあると思っているから、11月末にセールがあるってなったら、たぶんうれしくなって、買っちゃいますよね。需要の先取りです。就活生の青田刈りと一緒。

でも日本においては、”お正月の福袋”文化は抜けきらないと思うんです。

いまブラックフライデーに乗っかってセールしてたり、感謝祭とかいって値下げしているみなさんは、何を福袋に詰めるのか…?年明けクリアランスセールで何を売るのか…?

どうなるのか全然読めません。これからどうなっていくんでしょうね。

………

ユニクロさんは大成功しているようですね。ダウンするほど、みんなアクセスしたのか…

SPA(自社で製造から販売までまかなうスタイル)だと値段のコントロールが自社にあるから、やりやすいですよね。すきなタイミングで値下げできます。百貨店には到底無理な話です。

ひとまずわたしたちは、年明けの福袋とクリアランスセールに向けて、粛々と準備します。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

伝統工芸が百貨店から飛び出すときが見えてきたかもね

美容師さんに学ぶ、おもてなしへの熱意

仕事のリズム

京都でUber Eats①登録編

『和える 伝統産業を子どもにつなぐ25歳女性起業家』

ボーナスをもらって、会社での評価について考える