国内旅行

【GoToトラベル自力申請】住民票と現住所が違う場合、申請できる?とりあえず申請してみた!

★8/14書類郵送しましたが、9/6現在、まだ振り込まれていません。ちなみに問い合わせもきていません。ちょっと心配になってきましたが、もう少し待ってみます…!

★9/6 オンライン申請箇所について、一部わたしの理解が足りていなかったので訂正しました。「オンライン申請でも紙の印刷が必要で不便」と書きましたが、印刷不要で簡単に申請できます。該当箇所に追記しました!

先日、超近場のお宿にGoToトラベルしてまいりました!

普段だったら激混みの観光地のはずですが、観光客は少なめ。渓谷だったので3密が気になるタイミングもほとんどゼロで安心して旅行できました。行ってよかったです◎

さて、今回の旅行は8月序盤の旅行だったこともあり、予約時にGoToは適用されず後日自力で申請することになりました。

申請時は「居住地」が東京以外である必要がある

今回申請するうえでポイントとなるのが「居住地」です。

というのも、GoToトラベルは「東京都民」または「東京発着の旅行」は現状対象外になっているからです。

GoToトラベルで申請するには、住所を提出することで東京都民以外であることを証明する必要があります!

現在わたしが住んでいる場所ですが、短期居住なので住民票を移していません。となると、公的な書類はすべて前の住所のまま。免許証で居住地の証明ができない状態です。

ということで、ちょっと工夫して申請してみました。

GoToトラベル申請方法

申請は2通りの方法があります。

  1. オンラインで申請する
  2. 書類を事務局に郵送する

公式ホームページが結構見やすく整っているので、そんなに困ることはないと思います。

郵送で申請する場合、必要な書類は全部で以下の7点です(結構ある!)

  1. 事後還付申請書
  2. 支払い内訳がわかる書類(領収書、支払内訳書など)★
  3. 宿泊証明書★
  4. 口座確認書
  5. 通帳orキャッシュカードのコピー
  6. 代表者の住所が確認できる書類(免許証などのコピー)
  7. 同行者居住地証明書★

(オンライン申請でも★印の書類が必要です。)

公式ホームページを見ると、全部で5枚印刷しなくちゃいけないように見えますが、実際に印刷するのは以下の3枚で問題ありません!

  1. 事後還付申請書
  2. 口座確認書
  3. 同行者居住地証明書

ちなみにオンライン申請の場合でも⑦同行者居住地証明書だけは印刷する必要があります(!)。なぜ他の項目と揃えてオンライン入力にしなかったのか…これだけはちょっと手間ですね。

→印刷する必要はありません!! 公式ホームページのトップ画面から、ずっと下にスクロールすると申請書のデータ一覧があります。↓

旅行者向け Go To トラベル事業公式サイトより)

↑ここからExcelデータを取得し、必要な情報を上書きしたものをオンラインで添付すれば全てオンラインで解決します。オンライン申請が推奨されているので、特別なことがなければオンラインが良いと思います!

(この件、とてつもなく親切な方からDMにて教えていただきました…とても感謝しております。ありがとうございます。これまで、誤解を招く説明をここに記載していたことお詫び申し上げます。大変失礼いたしました。)

②領収書と③宿泊証明書は宿泊先でもらえます。

居住地を証明するために別途添付したもの

本来であれば免許証(パスポートなど)のコピー一発で居住地が証明できるはずですが、わたしの現状ではそれができないので、別途書類を添付してみました。

  • 現住居の住所がわかる契約書類のコピー
  • 現住居に届いている公共料金の支払い明細のコピー
  • 免許証のコピー
  • 住民票を移していない理由を記したお手紙

これらを添付するにあたっては、GoToトラベル運営事務局に電話して相談してみましたが、ハッキリとした返答をいただけませんでした(レアケースだからかもしれません…)。

が、とりあえずこれだけ添付しておけば、もし問題があったら電話で問い合わせが入るだろうから送ってしまおう! という結論になったので、規定の書類にプラスして以上の書類も一緒に出してきました。

果たしてうまく通るのか?? 数日ドキドキしながら待ってみようと思います。

結果は後日追記しますね。

「運営事務局」は民間っぽい

ちなみにGoToトラベル運営事務局ですが、どうやら観光庁が委託した民間の業者のようですね。

というのも、電話で問い合わせしてみたときに「書類は国が確認するので…」など、「自分たちは国の組織とは違うんです〜」というニュアンス漂う発言が何回かあったからです。

基本的な質問事項には答えてくれる感じでしたが、突っ込んだ質問は本部に確認しないといけなさそうで、回答に時間がかかりそうな雰囲気でした(しかもいまはお盆期間なので、なおさらかもしれませんね)。

申請の結果は後日追記します

ということで、居住地が住民票と異なっていても申請できるのか、結果は後日お伝えします。

運営事務局のおねえさんいわく「都民でないことがわかれば良い」ので、これで問題ないはずです…!

8/14に郵送して、振込には何日くらいかかるのかも気になるところです。申請の行方、楽しみに待っていてくださいね。

世の中的にはまだまだ落ち着かない日々ですが、万全の対策をとって近場旅行を楽しみたいものです。行きたいところ、たくさんある〜!

間違いのないお宿に泊まりたいときは、一休と決めている話 突然ですが、家族や恋人、大事な友人との旅行のお宿探しは一休と決めています。 ↑「厳選」ってありがちな言葉ですけど、一休に...