わたしのひとりたびの変遷

ひとり旅をするようになったのは、大学4年生の秋から。

部活が最後のラストスパートに入る前の休暇を使って行ってみたのが最初ですが、そこからもうハマりにハマりまして。年一回はかならず行くようにしています。

ひとり旅の変遷

※リンクを押すと、旅について書いたnoteに飛びます。

・2012年秋
山口〜広島ひとり旅
(湯田温泉、秋芳洞、厳島神社、尾道、しまなみ街道)

・2013年冬
九州一周ひとり旅
(長崎、軍艦島、福岡、湯布院、熊本、宮崎高千穂、鹿児島、桜島)

・2013年秋
瀬戸内島めぐりひとり旅
(豊島、男木島、小豆島、犬島、直島)

・2014年夏
台湾ひとり旅

・2015年秋
奄美大島ひとり旅

・2016年秋
しまなみ街道ひとり旅

・2017年秋
沖縄本島ひとり旅

***

こう書き出してみると、けっこう行ってますね。

海外は一度台湾に行きましたが、友人と行くに限る…と思いました。

というのも、わたしがひとり旅で一番重要視している現地の方々との会話がままならないからです。英語さえできるようになれば、もうすこし幅は広まりそうですね。いや、でも結局つっこんだ話とかしたくなっちゃうから、よほどレベル高くないと無理だろうな…

ひとり旅、するなら国内

治安の面から考えても安心です。国内なら、暗くなる前にホテルのチェックインを済ませるようにだけ意識しておけば、たいがい大丈夫と思います。

もちろん、そこから飲みに出ることもありますが、行動範囲としてはだいぶ狭くしています。なんせ土地勘ない場所ですからね。地図を見るのは苦手ではありませんが、夜になると同じ道でもやっぱり怖いときがあります。細い道はやたらとどきどきします。

こういう感覚は大事になってくると思います。日本といっても、危ないことはあります。

最近だいぶメジャーになったゲストハウスも、実は2017年の沖縄が初めてだったんです。それも、かなり調べていきました。いくらきちんとセキュリティ対策とか取られているといっても、知らない人と同じ部屋で寝るわけですから、ここは安さに目をくらませず、ちゃんと調べた方がいいですよ。

一応女性ひとり旅なので、いろいろ用心深いんです!このへんのコツをまとめた記事はこちらからどうぞ。

ああ、島めぐりしたい。

旅のなかの断片的な風景を、noteに書いています。よかったらご覧ください!
noteのもくじはこちらから

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「旅を仕事に」ライティングセミナーに行きました

行ってよかった、シンガポール(小ネタ10連発・後編)

シンガポール、行ってよかった(まじめ編)

NO IMAGE

すべてのはじまりはここから。恐怖の天保山大観覧車。

行くぞ女子一人旅!これさえあれば大丈夫。持ち物リスト

わたしがひとり旅をすすめる3つの理由