退職日までの気の持ちかた

「もう辞めるし関係ないか、、、」

そう思ってしまうことが増えました。これはいけない。わたしは、ここで仕事をしている限りは最後まで職務をまっとうしたいと思っていて、だから態度に出すなんてことは絶対にしないぞ!と、これだけは決めていたのですが。

やっぱりすごく難しい。なにかひらめいても「あ、でもこれが実現する頃にはわたしはいないのか」ってなるし、チームの誰かの気配りの足りない行動を見ても「指摘してもいいけど、また嫌な顔するんだよなあ。だったらもう言わなくてもいいかなあ」って思ってしまう。

そんな自分に気がつけたときは、いけないいけない、と自分をぺしぺしたたきながら仕事しています。でもきっと気づいてないこともいっぱいある気がする。

なんだろう、こういう状態を「心ここにあらず」と言うんだろうなあ。

9月末まではあと2ヶ月。有休消化は放棄するので(理由はまた後日書きますね)、まるっと2ヶ月あるわけです。

どうやって最後のモチベーションを生みだそうか悩みましたが、

お世話になったチームのみなさんが、これからも業務を続けていくにあたって少しでもやりやすくなるように、土台を整え直す仕事をしていこうと思いました。

これならやる気出せそうです。よし、やってみます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

失業保険について

上司に話したときのこと

お引越し大作戦①

作戦会議

部長に話したときのこと

こけちゃん、仕事辞めるってよ